Q&A

● Movable Typeに必要なperlモジュールをインストールしました
  (2007-04-14)
 ブログ利用者数の増加に伴ない、西院ネットワークスをご利用のお客様にもブログcgiを設置される方が増えております。
 これを受け、特に利用者の多いブログcgiである「Movable Type」(シックス・アパート社製)の動作に必要なperlモジュールを各サーバーにインストールしました。

 これまでもMovable Typeの動作に必要な最低限のperlモジュールはインストールされておりましたが、今回これらに加えてオプションとして必要なモジュールがインストールされたことにより、より多くの機能をMovable Typeでご利用頂けるようになりました。
 特にMovable Typeのデータを格納するデータベースとして、今までのBerkeley DBに加えてSQLiteを利用出来るようになったことで、より高速、低負荷な動作が可能となりました。



Movable Typeが必要とするperlモジュール
 ※バージョン3.34で確認しました

必須モジュール(すべてインストール済)
 CGI
 HTML::Template(version >= 2)
 Image::Size
 File::Spec(version >= 0.8)
 CGI::Cookie

データベース用モジュール(設置時にこれらの中からどのタイプのデータベースを使うか選択します)
 DB_File
 DBI(version >= 1.21)
 DBD::SQLite
 DBD::SQLite2
 DBD::mysql(インストールされていません)
 DBD::Pg(インストールされていません)
 ※ データベースとしてBerkeley DBおよびSQLiteをご利用頂けます。
  (MySQL・PostgreSQLは利用出来ません)
 ※ 比較的負荷が低く高速に動作するSQLiteのご利用をお勧めいたします。

オプションモジュール(すべてインストール済)
 HTML::Entities
 LWP::UserAgent
 SOAP::Lite(version >= 0.5)
 File::Temp
 Image::Magick
 Storable
 Crypt::DSA
 MIME::Base64
 XML::Atom

 Movable Typeの設置方法などについては、シックスアパート社の公式サイトをご覧下さい。
 http://www.sixapart.jp/movabletype/mt3/


TOPにもどる
西院ネットワークス info@saiin.net